生け花を楽しむ

生け花で花の美しさを愛でる

花を活け、より美しく彩を添える、生け花。
生け花は、花の美しさに触れ、花を愛でる心を持つことが出来る、非常に繊細な日本の伝統文化といえるでしょう。
近年では女性だけではなく、男性も始める方が多く、老若男女問わずに、生け花を楽しんでいる方が増加しています。

生け花に使うお花には、特にこれと言った決まりはありません。
しいて言うのであれば、長期的に室内に飾ることが多いため、臭いがあまりにもきつい花は、避けられる傾向があるでしょう。
ですが、流派によっては利用している所もありますので、絶対にダメというわけではありません。
生け花をすることで、自分の好きな花を、より美しく、より芸術的に、長期的に活けておくことが出来るでしょう。

生け花教室や、本で学ぶ方法があります

生け花は、独学でも、教室に通う方法でも、自分の好きな方を選びましょう。
独学は独学なりの、教室には教室なりのメリットがありますので、いずれの方法にしても、自分に合っている方法であれば問題ないでしょう。

ただ、初心者の方の場合は、道具の取り扱いなどが今一つわからないという方も多いため、注意が必要です。
先が尖っている剣山や、はさみなども利用しないといけませんので、取り扱い方法を間違えると、大けがをしてしまう恐れがあります。
独学に不安がある場合は、無理をせずに教室に通って、基本的な部分を教えてもらうと良いでしょう。

生け花をたしなむことが出来る教室も、多くあります。
カルチャーセンターを始め、華道教室という形で基本を学ぶことが出来る場所もありますので、自分の通いやすい場所を選ぶことが大切です。

教室や流派などによって、同じ生け花でも値段が異なりますので、内容と金額を比較して、どれが良いかを考えてみましょう。
一人で始めることが不安であれば、お友達を誘って初めて見るというのも、一つの方法です。

自宅でも生かすことが出来る技術です

生け花の技術は、一度身に着けてしまえば、自宅でも活用することが出来るものです。
美しい花をより美しく、それぞれの花を引き立たせあって、最高の芸術作品を作ることが出来るでしょう。

生け花の技術は、花瓶やフラワーアレンジメントなどにも応用可能です。
また生け花を学ぶことで、基本的なお花の組み合わせ方、感覚を少しずつ身に着けることが出来るためといえるでしょう。
お花を愛でる心、いつくしむ心は、どの媒体になっても変わることがありませんので、生け花の技術を磨いて、色々なお花の作品に活用してみてください。

生け花の技術を学ぶと同時に、お花の種類を学べば、いずれは、自分のお気に入りの花だけを集めた作品を作ることも出来るでしょう。

カテゴリー: 遊ぶ | 生け花を楽しむ はコメントを受け付けていません。

油絵を楽しむ

油絵で自分だけの世界を描く楽しみを!

独特に味わいの出る絵画の技法として知られる、油絵。
非常にパワフルなタッチで絵をかくことが出来る油絵は、絵を描く初心者でも取り組みやすい芸術として知られています。

芸術は自由なものですので、何を描かなければいけないという事はありません。
繊細なタッチの果物の絵を敢えて油絵で挑戦するも良し、油絵の良さを生かした力強い抽象画を描くもよし、自分のインスピレーションの赴くまま、筆を走らせましょう。

油絵で描く絵ももちろんですが、油絵の具ならではの独特の匂いが好きという方も少なくありません。
ですが、あまり密室で籠ってかいでいると、頭がくらくらしてしまいますので、出来れば外で描いたり、窓を開けるなどして通気性を良くしましょう。

油絵の基本を学びたい、油絵の技術を学びたいという場合は、油絵専門のスクールなどもあります。
そして油絵のタッチ、油絵を生かした技法などを学ぶことが出来ますので、お近くのスクールを探してみても良いでしょう。

油絵セットはホームセンターや画材屋さんで購入

油絵のセットは、お近くのホームセンターや、画材屋さんで購入することが可能です。
なので油絵具本体はもちろんのこと、絵筆やキャンパス、リーゼルなど、必要となる物を一通り購入しておきましょう。

絵筆の種類は、細いものから太いものまでセットで用意をすることで、描く絵に合わせてタッチを変えることが出来ます。
色々な種類の筆がセットになっている商品もありますので、そうした商品を購入するとお得に用意できるでしょう。
白や黒などのよく使う可能性がある絵の具は、予め予備を買っておくと、絵を描いている最中に買いにいかなければならない事態を防ぐことが出来ます。

また、一度洋服などに付くとなかなか落ちませんので、汚れても良い服装に着替えたり、床に絵の具が飛びちっても大丈夫なように、シートなどを用意することも大切です。
万が一飛び散った際には、すぐに絵の具をふき取り、汚れが残らないようにケアしましょう。

油絵を使った作品作りも楽しい

油絵教室によっては、ポストカード作りなど、油絵を描いた作品作りをする教室もあります。
また油絵は紙だけではなく、陶器などにも描くことが出来ますので、好みに応じて、色んなものにお絵描きをすることをおすすめします。

ただし、油絵は匂いがきついので、食器などに利用をすると、洗っても香りが残っている可能性もあります。
熱すると危険な場合もありますので、そういった類には利用しないことが大切です。

油絵は、自分のインスピレーションの赴くままに楽しむことが出来る、芸術です。
静かに空想に浸ることも出来ますので、一人の時間を楽しみたい方にもおすすめでしょう。

カテゴリー: 遊ぶ | 油絵を楽しむ はコメントを受け付けていません。

俳句を楽しむ

日本の伝統文化、俳句を楽しむ

日本の伝統文化の一つである、俳句。
5・7・5の文字数内で文章を納め、その中に必ず季語を一つ取り入れるというルールはあるものの、非常に自由度が高い、文化人らしい遊びの一つといえるでしょう。

俳句は、自分が今いる季節、自分が感じていることを言葉にのせ、読み上げることが出来る方法です。
ダイレクトな言葉で唄を読むことはもちろん、比喩的表現で、間接的に自然の美しさを読むことも出来る、非常に遊びがいのある趣味です。

自分で詠むことがもちろんですが、偉人の俳句を詠むことで、俳句の美しさ、俳句の洗練された技術をダイレクトに受けることが出来るでしょう。
多くを語らず、あくまで必要な言葉だけを厳選して集めた俳句は、正に日本ならではの和を感じる文化です。

俳句を始めるのには何が要るのか?

俳句を自身で詠みたいという場合、特に必要となる物はありません。
本格的に始めるのであれば、俳句用の細長い用紙、ペン、季語辞典の三つがあれば事足りるでしょう。
俳句用の用紙は、ホームセンターや文具店でまとめ売りされている事もありますので、お手頃価格でゲットできる点が魅力です。

また、季語辞典もあれば間違いなく便利ですが、インターネットを使って季語を調べることも出来ますので、絶対にないと出来ないというわけではありません。
いざとなったらケータイを使って調べるという方法や、季語を事前に調べておいて、メモをしておくという方法を取れば、より安く済ませることも可能でしょう。

ただ、辞典の良い所は、パラパラとめくるだけで、季語が目に入ってくるという事です。
どんな季語を使おうか、全く何も俳句が浮かんでこない場合など、季語辞典を適当にめくって、目に入った言葉を使って作成をするという方もいます。
そのように、辞典があることでインスピレーションを受けるという方もいますので、あるに越したことはないでしょう。

サークルなどに参加をしても楽しい

俳句を一人で詠むのも非常に風流ですが、誰かと読みあいたい、他の人の俳句も聞いてみたいという場合、俳句サークルは全国各地に数多くありますので、参加をしてみましょう。
会員となって参加をするタイプもあれば、単発のイベントとして誰でも参加することが出来るタイプの俳句会もあります。
俳句を詠みあうことが出来る場は多くありますので、色々と調べてみましょう。

地域によっては、公民館などで定期的に俳句会を開催している場所もありますので、そうした場所に参加をしてみることで、交流を深めることが出来ます。
身近に俳句友達がいない場合は、こうした場所に積極的に参加をすることで、俳句友達を作ることが出来るでしょう。

カテゴリー: 遊ぶ | 俳句を楽しむ はコメントを受け付けていません。