アルツハイマー認知症の症状

アルツハイマー認知症とは

認知症の中でも最も多いといわれるのがアルツハイマー認知症です。
この病気は、脳にアミロイドベータというたんぱく質がたまってしまい、神経細胞が壊れてしまうことで脳萎縮が発生する事が原因とされていますが、なぜ脳にアミロイドベータがたまってしまうのかなどの根本的原因が解明されていません。

年齢を重ねるとこのアルツハイマー認知症になる、また遺伝的要素もあるということが研究によって明らかになっていますが、実は、糖尿病、高血圧症などをお持ちの方は、こうした症状がない方に比べてアルツハイマー認知症になりやすいということが科学的にも証明されています。
つまりアルツハイマー認知症は加齢や遺伝的要素もあるけれど、生活習慣なども非常に色濃くかかわってくると考えておくことが必要なのです。

初期症状から中期症状

最初は「お父さん物忘れが多くなったわね」というくらいで気にならない記憶障害です。
しかしこうした単なる物忘れではないと気が付くときがあります。
例えば、昨日の夕飯の内容は?と聞かれて、なんだっけ?と答えられない人は多いです。
「夕飯を食べたことを忘れている」という状態はアルツハイマー認知症の症状といえます。
この初期段階は約2年くらいから6年くらいの間に、緩やかに進んでいきます。

底から症状が進むと、過去と現代の区別がつかなくなります。
特徴としては近い記憶ほどなくしていくという事です。
朝会社に出勤した、でも会社に行くという事を忘れてしまい、外出してから「どうしてここにいるんだろう?」と途方に暮れてしまうといった事が起ります。
この位になると尿意が分らない、便意を感じないなども出てきて、一緒に暮らすご家族にも支障が出てきます。

後期の症状

脳萎縮が進行してしまうと、言葉の意味も通じなくなりますし、本人が何を考えているのかも全く分からなくなり、意思の疎通が出来なくなります。
食事をするという事も出来なくなるので、介助が必須となっていきますし、歩行もおぼつかず小股になり、身体をかなり前に倒して歩くなど転倒の危険性も出てきます。
左右どちらかに傾いて歩くという事もあります。

次第に歩くことが出来なくなり、関節も動きにくくなります。
嚥下障害も出てきますので、食事ができにくくなり誤嚥性肺炎、栄養不良など色々な問題が出てきます。

初期段階で治療に入る事が大切

最初は物忘れ位で、年齢によるもので仕方ないという事からだんだんと深刻になっていきます。
ご家族が見ていておかしいなと感じる場合、本人が全く自覚症状がなくても、病院でしっかり検査を受け、初期段階から治療を開始する事が大切です。
特に糖尿、高血圧などを持っているという事であれば、リスクも高くなりますので早めに医療機関を受診しましょう。

カテゴリー: 健康 | アルツハイマー認知症の症状 はコメントを受け付けていません。

くも膜下出血の治療法

くも膜下出血の治療はどのように行うのか

くも膜下出血を起こしたという事は、脳の髄膜に出血があるという事になります。
そのため、いち早く出血を止めるという事が急がれます。

最も危険といわれるのが、再発作、つまり再出血を引き起こす可能性です。
破裂した脳動脈瘤が再度破裂するという事も考えられるので、最初の出血から24時間以内が最も注意しなければならない時間です。
再破裂を起こすとくも膜下の出血が増加し、脳へのダメージが広く深刻になり、命に係わる事態になります。
再発を止めるという事と最優先に考えなくてはならないため、脳動脈瘤に行く血流をストップさせる治療を行います。

脳動脈瘤の再出血予防の治療

最初の出血から次の発作が起こらないように、頭部を開き動脈瘤に医療用クリップをとりつけ閉じてしまうクリッピング術が一般的です。
若しくは、股の付け根の大腿動脈から動脈瘤までカテーテルを通し、プラチナ製のコイルを詰めるというコイル塞栓術を行います。

どちらの方法を選択するかは、人によって異なります。
脳動脈瘤の大きさや位置、また患者さんの年齢などを考慮しなければなりません。

再出血を止めた後の措置

再出血を止めることが出来たら、くも膜下出血そのものの治療を開始します。
すでに最初の発作で脳動脈が通っているくも膜下には、出血が広がっています。
この出血は脳に大きなダメージを引き起こすだけではなく、脳動脈そのものに変化を起こさせる要因となります。

脳血管攣縮という、血管が細くなる変化をおこし、これを放っておくと脳梗塞に移行する事もあります。
くも膜下出血を起こして、4日目から14日目くらいまでにこの現象が起こる事が多く、この間、集中的に治療を施す必要があります。
この時期に症状が進み、くも膜下出血と脳梗塞を両方引き起こせば、重篤な後遺症を残してしまったり、命を失う危険性も出てきます。

急性期以降のリハビリ

発症から治療、全身状態の変化が起きやすい状態の間は、命を助けるという治療が最優先です。
生命を維持するということが治療の主軸となる、といえばこの病気が本当に怖い病気だという事がわかります。
発症してから再破裂などの危険性がある4日から14日は、ベッド上で関節を動かす、寝返りを打つ、手足をよい位置に保つなどの廃用症候群予防を行います。

これは寝たきり、安静の状態になる事で、身体の様々な器官が機能しにくくなることを抑制するために行うもので、全身状態を見ながら無理をしないように行います。
その後、急性期を脱し病態も安定し、血圧も安定してきたら、その方の症状、まひの状態などに合わせてリハビリを開始します。
日常生活を送るために、必要な動作が出来るようにというリハビリで、期間もかなり長くかかる事がありますが、まずは命が助かったこと、生きていることができるという事を心に、ゆっくり、少しずつリハビリしていくことが大切でしょう。

カテゴリー: 健康 | くも膜下出血の治療法 はコメントを受け付けていません。

くも膜下出血の症状

非常に恐ろしい疾患「くも膜下出血」とは

脳の病気の中でも非常に怖い病気として知られているのがくも膜下出血です。
この病気はくも膜下腔と呼ばれる箇所で出血してしまう疾患です。
脳の表面は、軟膜、くも膜、硬膜という三つの層になっていますが、くも膜と軟膜の間にある空洞部「くも膜下腔」に出血を起こします。

くも膜の内側には脳髄液という液体があり、ちょうどこの部分が出血します。
特徴としては若い人に発症する事が多く、働き盛りといわれる年齢で突然発症し、脂肪率も高い病気として知られています。

くも膜下出血の要因とは

色々な要ががありますが、脳動脈瘤の破裂、脳動静脈奇形からの出血などがあります。
脳動脈瘤は、脳の血管の一部がこぶのように膨らみ、膨らんだ部分の血管が引き伸ばされだんだん薄くなっていき、破裂するとくも膜下出血となります。
40代から50代に多い要因です。

能動弱脈奇形は、脳の血管の発生異常が起り、通常ではない血管の形をとっていることをいいます。
通常とは違う血管の配置になるため、正常な血管を持っている人よりもずっと破裂する危険性が高く、この発症は若い人に多くみられ、30代でお亡くなりになる方もいます。
また親類の中にくも膜下出血を起こしたことがある、未破裂の動脈瘤があるという場合、くも膜下出血の可能性も出てきます。

頭に突然衝撃を感じる

くも膜下出血の症状の代表的なものに「ハンマーで突然殴られたような頭痛が起きた」という症状があります。
また今までに経験したことがないような突然の激しい痛みとも形容されます。
誰もが、「これは普通の痛みじゃない」と感じるような衝撃的な痛みが突然起きて、継続する、また嘔吐したり、意識を失う、吐き気が止まらないなどの症状を伴う事が多いです。
こうした症状のほとんどが、脳動脈瘤の破裂によるもので、脳動静脈奇形が起きた場合、出血の部位によって症状が違い、多くはけいれん発作、また頭痛、吐き気、意識障害などを起こします。

後頭部や前頭葉に衝撃的な痛みが走るのは、髄膜刺激症状です。
頭痛は激しく、突然起り、それが継続するという特徴があります。
デスクから立ち上がって数歩歩いたら突然誰かに殴られたような痛みが走り、立ち上がれないほどの痛みが継続したというイメージです。

急に痛みが走り、すぐやんでまた痛みが走るというようなことは起こりません。
その場合、別の病気が疑われます。

また軽い頭痛が前駆症状として起り、その後、時間が経つごとに痛みが激しくなっていくという事もあります。
少しずつ血液が漏れているとこのような症状です。
脳髄への出血が急激に発生しその量が多いといきなり意識が無くなる事もあります。
場合によっては病院に到着する前にお亡くなりになる事もあります。

カテゴリー: 健康 | くも膜下出血の症状 はコメントを受け付けていません。