水彩画を楽しむ

水彩画で、繊細で美しい絵を描ける!

水彩画は、水彩絵の具を使って描かれた作品のことで、非常に繊細で、淡いタッチの絵を描くことが出来る方法として知られています。
絵の具の色の合わせ方、水の溶き方などを工夫することで、より淡い、どこか懐かしくなるような印象の絵を描くことが出来るでしょう。
アートが初めての方で、水彩画を選択されることも多く、その美しい世界に惹きこまれて、水彩画にどっぷりとハマるという方も少なくありません。

水彩画の魅力はやはり、その繊細な仕上がりでしょう。
デリケートな色合いが特徴的で、幻想的な世界観を作ることが出来るのも、水彩画ならではの魅力と言われています。
強いタッチでも余計な主張をしすぎず、心にすとんと入ってくるような淡い色合いを出せることが、水彩画の特徴です。

道具は百円ショップで購入可能!

そんな水彩画ですが、水彩画で利用をするアイテムは全て、百円均一で購入することが出来ます。
趣味として始めるのであれば、問題なく使うことが出来るでしょう。

水彩画セットとして必要なのは、鉛筆、消しゴム、水彩絵の具、水を入れるバケツ、絵筆、絵を描く厚紙、雑巾、パレットがあげられます。
用紙は薄手のものですと水で濡れたふにゃふにゃになりますので、必ず厚めの用紙を使いましょう。

水彩画に限ったことではありませんが、絵を描く際には基本的に、下書きをする必要がありますので、まずは描きたいものの下書きをしてみて下さい。
あまり濃く下書きを描いてしまうと、消しゴムで消せず、後が残ってしまう可能性がありますので注意をしましょう。
下書きが出来上がったら、下書きを塗りつぶすように、絵を描いていきます。

絵を描き終わった後、しっかりと絵の具が乾いたら、下書きの線を消しゴムで消しましょう。
そしてこの時、もし下書きを濃く書いてしまって、下書きが薄く残っていても味になる場合もありますので、躍起になって消そうとしないことが重要なポイントです。
無理をして消そうと強くごしごしすると、用紙が破けてしまう可能性があります。

最後に消しかすを落としたら、水彩画の完成です。

風景画などのグラデーションの絵が美しい

水彩画の魅力はやはりそのデリケートな色合い。
グラデーションを付けることで、より一層美しい仕上がりとなりますので、風景画などに利用をするとピッタリでしょう。
風景画の場合は、お気に入りの場所に直接趣き、その場でスケッチをすると、景色も楽しめて、お絵描きも楽しめるため、一石二鳥と言えます。

天気が良い日は、一日中風景画に時間を費やしているという方も多く、お弁当を持って、ハイキング気分で絵を描きに行くという楽しみ方をしている方も中にはいらっしゃいます。

カテゴリー: 遊ぶ | 水彩画を楽しむ はコメントを受け付けていません。

ボタニカルアートを楽しむ

ボタニカルアートを学んで楽しくお絵描き

ボタニカルアートとは、植物画のことを指します。
植物そのものの絵を始め、断面図や、アップした図など、植物に関して描かれた芸術作品のことを、ボタニカルアートと呼ぶのです。
また植物と一口に言っても種類は豊富で、花の絵を始め、野菜の絵、木の絵、葉っぱの絵なども、ボタニカルアートのカテゴリーに含まれるでしょう。

ボタニカルアートの歴史は深く、15世紀から16世紀にまでさかのぼると言われています。
当時新しく発見した植物や野菜などを、記録として後世に伝えるために描かれたものがボタニカルアートとして知られ、未だにその文化が根強く残っているといえるでしょう。

近代におけるボタニカルアートも、植物や野菜を丁寧に見たままスケッチしたものがほとんどですが、近年では、抽象画風にして楽しんでいる芸術家もいます。
このボタニカルアートのとらえ方が自由化しており、アイデアによって、いろいろと楽しむことが出来るといえます。

ボタニカルアートは独学でやる方も多い

ボタニカルアートを教えているカルチャーセンターや教室もありますが、ボタニカルアートを、独学で学んでいるという方も少なくありません。
さらにボタニカルアートの場合は、描く対象が、スーパーに行けば揃えられたり、花屋さんで購入することが出来る手軽さがあるため、自宅で趣味として取り組みやすいのです。
たくさん描くうちにどんどん上達していき、満足のいく仕上がりになった結果、教室などに通わなくても、十分楽しめると感じる方が多いといえるでしょう。

ボタニカルアートは、様々な角度から植物を描くことも出来ます。
例えばたまねぎの場合、外皮をむかずに描いた場合、皮をむいて書いた場合、断面図と、全く違った姿をしているため、色々な種類の絵を描くことが出来るのが魅力です。
このようにボタニカルアートは、自分が描きたい部分を描きたいように描くことが出来る点が、大きな魅力といえるでしょう。

ボタニカルアートを絵はがきにする方も!

ボタニカルアートを使って、絵葉書を作成するという方も少なくありません。
繊細で美しい印象のボタニカルアートは、どんな場面にもぴったりと言えますので、日常生活に取り入れやすいといえるでしょう。

ボタニカルアートを使った絵葉書はもちろん、ボタニカルアートのしおり、ブックカバーなど、様々な作品を作ることが出来ます。
自分のお気に入りのボタニカルアートを使った作品を使えば、それだけでとても楽しい気分になれるでしょう。

ボタニカルアートはこのように、描く際はもちろん、それ以外にも色んな楽しみ方があるアートですので、アートを楽しみたい方には是非おすすめとなっています。

カテゴリー: 遊ぶ | ボタニカルアートを楽しむ はコメントを受け付けていません。

日本舞踊を楽しむ

日本舞踊を学んで、美しい繊細な動きを学ぶ

日本舞踊とは、日本に古来から伝わる踊りのことで、民謡などの唄に合わせて舞い踊る、伝統芸能として知られています。
どことなく敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
本格的に流派に入るというのであれば話は別ですが、趣味として始めるのであれば、日舞を楽しく学ぶことが出来る教室は、いくらでもあります。

日本舞踊の教室はもちろんのこと、カルチャーセンターなどの日本舞踊講座に入ることで、楽しく日本舞踊を踊ることが出来るでしょう。

日本舞踊では、通常のダンスとは違い、独特な体の使い方、繊細な動きが求められる場面が多く、体中を使って舞踊します。
その為、本気で取り組むと、最初のうちは間違いなく、筋肉痛になるでしょう。
ですがそこを乗り越えることで、徐々に体が出来てきた結果、ダイエット効果を始め、背筋がシャキッとする効果が期待できます。

着物と扇子で楽しく舞踊

日本舞踊と言えば、着物と、扇子です。
着物と扇子はセットで欠かすことが出来ないものですので、取り組む際には、用意をする必要があるでしょう。

着物を用意する際には、日本舞踊用の着物、浴衣のようなものが稽古着としてありますので、着物であれば何でも良いというわけではないという事を頭に入れておいてください。
教室によっては、稽古の際に浴衣でもOKとされていますので、浴衣の着付けを学び、浴衣でお稽古に臨みましょう。
アップダウンの激しい踊りもありますので、着崩れないように、キチンと着付けをすることが大切です。

また、扇子も、百円均一などのような安いものではなく、日本舞踊用の丈夫なセンスがありますので、別途購入しましょう。
日本舞踊では、扇子を使った演目も多くありますので、丈夫で作りがしっかりとしている扇子でないと、上手く舞踊することが出来ません。
せっかくの日本舞踊を楽しむための必要経費ですので、キチンと専用のものを購入するようにしてください。

発表会を設けている教室もあります

日本舞踊教室によっては、定期的に外部に向けての発表会を設けている場所もあります。
発表会を目標とすることで、モチベーションがアップし、お稽古に身が入ると感じる方も多いでしょう。
日本舞踊に本格的に取り組むという場合は特に、発表会システムがある教室を選んで、通う様にしてみることをおすすめします。

また教室によっては外部ではなく、内部で一人一人発表の設けている教室もあります。
それぞれの成果を発表しあうことが出来る場があることも、モチベーションアップに繋がりますので、そうした場がある所が良い場合は、事前にこちらも確認をしてみて下さい。

カテゴリー: 遊ぶ | 日本舞踊を楽しむ はコメントを受け付けていません。