ボタニカルアートを楽しむ

ボタニカルアートを学んで楽しくお絵描き

ボタニカルアートとは、植物画のことを指します。
植物そのものの絵を始め、断面図や、アップした図など、植物に関して描かれた芸術作品のことを、ボタニカルアートと呼ぶのです。
また植物と一口に言っても種類は豊富で、花の絵を始め、野菜の絵、木の絵、葉っぱの絵なども、ボタニカルアートのカテゴリーに含まれるでしょう。

ボタニカルアートの歴史は深く、15世紀から16世紀にまでさかのぼると言われています。
当時新しく発見した植物や野菜などを、記録として後世に伝えるために描かれたものがボタニカルアートとして知られ、未だにその文化が根強く残っているといえるでしょう。

近代におけるボタニカルアートも、植物や野菜を丁寧に見たままスケッチしたものがほとんどですが、近年では、抽象画風にして楽しんでいる芸術家もいます。
このボタニカルアートのとらえ方が自由化しており、アイデアによって、いろいろと楽しむことが出来るといえます。

ボタニカルアートは独学でやる方も多い

ボタニカルアートを教えているカルチャーセンターや教室もありますが、ボタニカルアートを、独学で学んでいるという方も少なくありません。
さらにボタニカルアートの場合は、描く対象が、スーパーに行けば揃えられたり、花屋さんで購入することが出来る手軽さがあるため、自宅で趣味として取り組みやすいのです。
たくさん描くうちにどんどん上達していき、満足のいく仕上がりになった結果、教室などに通わなくても、十分楽しめると感じる方が多いといえるでしょう。

ボタニカルアートは、様々な角度から植物を描くことも出来ます。
例えばたまねぎの場合、外皮をむかずに描いた場合、皮をむいて書いた場合、断面図と、全く違った姿をしているため、色々な種類の絵を描くことが出来るのが魅力です。
このようにボタニカルアートは、自分が描きたい部分を描きたいように描くことが出来る点が、大きな魅力といえるでしょう。

ボタニカルアートを絵はがきにする方も!

ボタニカルアートを使って、絵葉書を作成するという方も少なくありません。
繊細で美しい印象のボタニカルアートは、どんな場面にもぴったりと言えますので、日常生活に取り入れやすいといえるでしょう。

ボタニカルアートを使った絵葉書はもちろん、ボタニカルアートのしおり、ブックカバーなど、様々な作品を作ることが出来ます。
自分のお気に入りのボタニカルアートを使った作品を使えば、それだけでとても楽しい気分になれるでしょう。

ボタニカルアートはこのように、描く際はもちろん、それ以外にも色んな楽しみ方があるアートですので、アートを楽しみたい方には是非おすすめとなっています。

カテゴリー: 遊ぶ | ボタニカルアートを楽しむ はコメントを受け付けていません。

日本舞踊を楽しむ

日本舞踊を学んで、美しい繊細な動きを学ぶ

日本舞踊とは、日本に古来から伝わる踊りのことで、民謡などの唄に合わせて舞い踊る、伝統芸能として知られています。
どことなく敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
本格的に流派に入るというのであれば話は別ですが、趣味として始めるのであれば、日舞を楽しく学ぶことが出来る教室は、いくらでもあります。

日本舞踊の教室はもちろんのこと、カルチャーセンターなどの日本舞踊講座に入ることで、楽しく日本舞踊を踊ることが出来るでしょう。

日本舞踊では、通常のダンスとは違い、独特な体の使い方、繊細な動きが求められる場面が多く、体中を使って舞踊します。
その為、本気で取り組むと、最初のうちは間違いなく、筋肉痛になるでしょう。
ですがそこを乗り越えることで、徐々に体が出来てきた結果、ダイエット効果を始め、背筋がシャキッとする効果が期待できます。

着物と扇子で楽しく舞踊

日本舞踊と言えば、着物と、扇子です。
着物と扇子はセットで欠かすことが出来ないものですので、取り組む際には、用意をする必要があるでしょう。

着物を用意する際には、日本舞踊用の着物、浴衣のようなものが稽古着としてありますので、着物であれば何でも良いというわけではないという事を頭に入れておいてください。
教室によっては、稽古の際に浴衣でもOKとされていますので、浴衣の着付けを学び、浴衣でお稽古に臨みましょう。
アップダウンの激しい踊りもありますので、着崩れないように、キチンと着付けをすることが大切です。

また、扇子も、百円均一などのような安いものではなく、日本舞踊用の丈夫なセンスがありますので、別途購入しましょう。
日本舞踊では、扇子を使った演目も多くありますので、丈夫で作りがしっかりとしている扇子でないと、上手く舞踊することが出来ません。
せっかくの日本舞踊を楽しむための必要経費ですので、キチンと専用のものを購入するようにしてください。

発表会を設けている教室もあります

日本舞踊教室によっては、定期的に外部に向けての発表会を設けている場所もあります。
発表会を目標とすることで、モチベーションがアップし、お稽古に身が入ると感じる方も多いでしょう。
日本舞踊に本格的に取り組むという場合は特に、発表会システムがある教室を選んで、通う様にしてみることをおすすめします。

また教室によっては外部ではなく、内部で一人一人発表の設けている教室もあります。
それぞれの成果を発表しあうことが出来る場があることも、モチベーションアップに繋がりますので、そうした場がある所が良い場合は、事前にこちらも確認をしてみて下さい。

カテゴリー: 遊ぶ | 日本舞踊を楽しむ はコメントを受け付けていません。

歌舞伎鑑賞を楽しむ

日本の伝統芸能 歌舞伎

日本の伝統芸能の一つとして知られる、歌舞伎。
演者が芝居をし、舞い踊る、洗練された技術が光る歌舞伎ですが、見るだけでパワーをもらえる、元気が出るとして、歌舞伎鑑賞にはまる方は少なくありません。
これは男女問わずの趣味として挙げられ、定年後、毎日のように歌舞伎の舞台を見に行っているというファンもいるでしょう。

毎日、となるとさすがに難しいですが、定期的に歌舞伎を見に出かけるという方も多く、中には、ご夫婦で歌舞伎鑑賞にハマっているというご家庭もあります。
デートの一環として歌舞伎鑑賞に行き、歌舞伎の感想を語り合いながら岐路に付くという、素敵なデートを定期的に行なっているご夫婦もいるでしょう。

歌舞伎のチケット代金に関しては、幅広い価格設定がされています。
有名な団体による公演は、やはりお値段もそれなりにかかりますが、小中規模な団体などの場合は、定価の半額で手に入ることもあるでしょう。
公演演目はインターネットで調べることが出来る場合も多いため、お気に入りの歌舞伎団体があれば、定期的にチェックすることをおすすめします。

歌舞伎役者の追っかけを楽しむ方も

歌舞伎鑑賞の楽しみ方は人それぞれですが、例えば、特定の歌舞伎役者のファンで、追っかけをしているという方も少なくありません。
好みの歌舞伎役者が出る舞台を全てチェックして、差し入れを行うような、熱烈なファンの方も多いでしょう。
また歌舞伎役者が歌舞伎ではなく、通常の舞台となった時にも、舞台鑑賞に駆け付け、応援をするという方もたくさんいます。

歌舞伎役者は、礼儀正しい方が多く、マダムの心を掴んで離さないこともたくさんあります。
試しに歌舞伎鑑賞に行ってみたら、出演していた歌舞伎役者さんに一目惚れをして、それを切っ掛けに追っかけをしているという方も少なくないのです。
少し変わっているかもしれませんが、こうした楽しみ方をするというのも、一つの方法ではあるでしょう。

現代歌舞伎も見もの

歌舞伎と言えば歴史ある物、伝統的な古来から伝わる産物というイメージがあるかもしれませんが、近年では、現代ならではのオリジナル歌舞伎を創作している団体も珍しくありません。
セリフ回しやお芝居の方法などは歌舞伎ならではの技法を残しながら、現代の感覚の方でも見やすい、新作歌舞伎を披露している団体も多いでしょう。
昔の良さを残しつつ、今の良さを見事にブレンドした現代歌舞伎も、歌舞伎鑑賞が好きという方は、一度は足を運ぶことをおすすめします。

現代歌舞伎も、古来より伝わる伝統歌舞伎も、それぞれに良さがありますので、歌舞伎鑑賞を趣味としたい方は、偏ることなく、まずはどちらもチェックしてみてください。

カテゴリー: 遊ぶ | 歌舞伎鑑賞を楽しむ はコメントを受け付けていません。